トラックの買取査定なら

購入時の保証書や定期点検整備記録簿を保管しているトラック

 

買取希望のトラックを査定に出す時に必ず準備しておきたいものが「定期点検整備記録簿」と「メーカーの保証書」です。

 

「定期点検整備記録簿」とは

12ヶ月や24ヶ月の法的点検整備を受けてきたことを証明する書類。

 

これがあればあなたのトラックがどのようなメンテナンスを受けてきたのかが一目瞭然。
査定スタッフも安心して買取査定をすることが出来ます。

「メーカーの保証書」とは

トラックの販売元メーカーから各種保証を受けるために必要な書類。

 

メーカーによって保証期間は変わりますが、5年間の保証期間や10万kmまでの保証が付いている場合もあります。

 

この保証書は中古車買取業者では発行することが出来ませんので高額買取のポイントとなりますよ。

 

もしも紛失してしまった場合でも、車体番号から調べてデータが残っていれば再発行してもらえるケースもあるので、トラックを購入したディーラーに一度問い合わせてみるといいでしょう。

 

 

所有者がずっと一緒、ワンオーナー車は高価買取期待大

走行距離が少なく外観に目立つキズの無いトラック

事故歴や修復歴の無いトラック

年式が比較的に新しいトラック

他にもあるぞ!年式が古くても高価買取が期待できる5つのポイント