トラックの買取査定なら

「高値で取引される2つの時期」と「あなたが損する危ない時期」

 

トラックを高値で買い取ってもらうには「買い取ってもらう時期=売却する時期」も非常に重要。
買取依頼をするタイミングで、トラックの査定額をグッと上げることも可能なんですよ。

 

トラックが高値で取引される時期は次の2つ!

 

@ 12月〜2月中旬

 

A 8月下旬〜9月

 

一般的に中古車市場は三月期末に向けて仕入れが活発になるため、買取価格が上昇すると言われています。

 

12月〜2月中旬頃はトラックを購入する人や企業も多くなるため、業者が買取金額を上げて在庫確保に力を入れることも価格上昇に関わっていますよ。

 

そして8月下旬〜9月は会社の決算時期。
決算時期が近づくと、業者は販売台数の増加を目的に買取金額を増額する傾向があります。

 

また、突発的ではありますが次のような時期も高値で取引されやすい時期です。

 

@ 国の事業着工時期(オリンピックなど)

 

A 大きな災害が起きた時期

 

B 国外の発展時期

 

C 好景気で産業活動が活発な時期

 

こんな時期はトラックなどの輸送用機械の需要が大きく跳ね上がり、買取金額も上昇傾向になります。

 

一般的な乗用車ではあまりこのような変動が無いので、これはトラックや重機・建機などの買取における大きな特徴。
この特徴を見逃すことなく、納得の買取価格を出してもらいましょう。

 

そしてあなたが損する危ない時期は、ズバリ

 

自動車税の支払い時期

 

高額で買い取ってもらうことばかりに目が行ってしまい、ついつい忘れがちなのが「自動車税

 

例えば、4月から乗っていないトラックや重機・建機なども、所有していれば1年分の自動車税がかかってしまいます。

 

不要になって放置してあるトラックなどがあれば、3月までに売却してしまわないと大きく損をしてしまう可能性がありますよ。

 

注意してくださいね。

 

 

トラック買取査定で納得の金額を出してもらうには相見積もりが基本!

査定前にはしっかりと車内整備の確認を!

大型トラックは車検が切れていてもそのまま査定した方が実はお得?