トラックの買取査定なら

日本製は寿命が長いから修理してでも欲しい輸出専門業者が増加中

 

事故車や故障車、不動車は一般的に買取は厳しく、廃車と言う選択肢になりがち。

 

通常このような車を自分で処理する場合は、廃車費用と解体費用で数万円程度(普通自動車なら二万円程度)の費用がかかってしまいます。

 

しかしトラックや重機・建機などの場合は、事故車や故障車・不動車であっても海外へ輸出される需要があるため買い取ってくれるケースが多くあるんですよ。

 

トラックや重機・建機などは海外製であっても新車で購入すると高額。

 

日本製は海外製に比べて寿命が長く、修理してでも日本製を求める業者が多いんです。
現在、日本全国に中古や不動のトラックや重機・建機などを海外へ輸出する専門の業者が増加中。

 

廃車業者や解体業者などへ自分で処分依頼をすると数万円の費用がかかってしまいます。

 

使わないトラックにお金を払う前に、一度買取が可能かどうか業者へ問い合わせてみるといいでしょう。

 

 

中の部品だけを再利用するという需要もあり